遊具利用

観葉植物

今は大人になっている誰もがかつては小さな子供だった。 そして、毎日楽しいこともそうじゃないことも様々な経験を積んで 大人になっていったのだが、誰しも忘れられない思い出はある。 親に連れられて行ったお祭りや、遊園地のアトラクション。 子供心に、その場で触れた全てが大切な一日の記憶のかけらとなっていったことだろう。 大勢の人にかこまれていた人気者の着ぐるみに、乗ったりよじ登って 楽しんだ遊具の数々。 大人になった今でさえ、当時を思い返してみたり、実際に遊具に触れる機会があれば、あの頃に心はたち戻っていくのではないか。 しかし、現代はなんとも便利な世の中になったものである。 当時はその場所に足を運ばなければ楽しむことのできなかった娯楽や 遊具を、代金を支払うことでレンタルすることができるのだ。 自分たちで楽しみ方をアレンジしながら道具はレンタルだが オリジナルのイベントを開催することさえできる。

おぼえているだろうか、あの日、親に手をひかれてあの場所に行った日のことを。 楽しかった一日、しっかり握りしめた遊具の感触。 それが忘れられないからこそ、我々は、自分の子供たちのために 手作りの一日を計画し、イベント会社などに遊具のレンタルを 申し込んだりするのだろう。 そして、それは企業にとっても貴重な収入源となり、レンタルされる 遊具や着ぐるみはその価値を保証され、長い時間、多くの人に愛され 必要とされ続ける。 どんどん移り変わる街の景色の中から遊園地やアトラクション施設が 姿を消す原因とならない程度にイベント遊具のレンタル業が繁盛してもらいたいものだ。 使用する場所も限られている中で工夫をこらせばいくらでも楽しい思い出作りはできるのだから。 時代が変わっても、娯楽を求め楽しむ子供の姿に変わりはない。 楽しい記憶をたずさえた今を楽しんだ子供たちが将来は彼らの子供たちをまたわたしたちと同じように楽しませることだろう。